ブラックでも借りれる消費者金融はある?


「ブラック」と聞くとなんか金融機関がよくないようなイメージがありますが、この場合のブラックとは融資を申し込み人のことで「過去に自己破産や債務整理等の金融資産の整理」を受けざるを得なかった人を指します。つまり、お金がらみで失敗して経験のある人で、消費者金融にとっては「地雷」のお客になります。お金を貸していけないという法的な決まりはありませんが、やはり問題で融資が可能な金融機関は逆に怪しい金融機関であります。ブラックの人には切実ですが、借りられたとしても大きなリスクが伴います。

そもそも消費者金融は信用で成り立ちます


消費者金融は銀行などと比較して融資がスムーズで必要な書類や担保などの条件が緩いのは、その借りる人の「信用」に頼っているところもあります。人によってはさまざまな事情でお金が必要になることがあり、それを深く追求しない代わりに、高い金利をつけて「とにかく返してくれ」ということで営業をしています。

審査の段階で信用情報の紹介を行い、そこで過去に何か金融関連で事故を起こしている場合は、返済できる可能性が低くなるので融資を行うことを控えます。そういうことも踏まえて、借りる人の「信用」に依っているところが大きいのです。

しかし、中には、ブラックの人に対して「内密」に融資を行うところもあるようです。これは大手の消費者金融にはまずなく、中小の消費者金融や消費者金融ですらない「闇金融」がそれを担っています。

ブラックの人が借りるリスク


中小の消費者金融がこのような融資を行うことは、ある意味大手の消費者金融とは差別化するための「裏メニュー」であります。表立って「ブラックの人でも歓迎します」とは決して出すことはありません。融資の相談の際に、個別に対応して判断することになります。当然、信用情報は悪いのですから、通常の融資以上の審査を行うことになります。細かい事情を聞かれたり、その人の人間性を深くみられることもありますし、通常以上の書類の提出を求められることもあります。

このようなことを通過して初めて融資が可能になる場合がありますが、やはり、金利の面や返済条件の面で不利になります。1度犯した失敗が永遠に影響するのはどうかと思いますが、それだけ信用の意味が大きいことを理解してください。

なお、闇金融はそれを弱みとして法外な条件を吹っかけてくると思いますので、絶対に利用しないでください。