消費者金融の取り立てはやばい?


消費者金融と聞くと、玄関で大声を上げたり、暴力をふるったり、脅したり、こうした怖いイメージがありますが、このようなことは違法行為ですので行うことはできませんし、しません。このようなことをする業者があるとすれば、これは消費者金融ではなく、存在そのものが違法な「闇金融」や反社会的集団の「融資部門」だと考えてください。

しかし、怖い取り立てがないことと、そのまま無視していいことはイコールではありません。借りたお金を返さない人には、法に則って、裁判所の手続きとして厳正な執行がなされますので、そうされたくなければしっかりと返済することが必要です。

取り立ての現状


「取り立て」というとネガティブなイメージがありますので、「督促」としましょう。約束の金利を含めた返済がなされない場合は、消費者金融としても困りますので、督促状が送られることになります。

督促状が送られた段階で、返済期日は過ぎているでしょうから、遅延利息も含めて返済することが必要になります。それでも返済がなされない場合は、法律の範囲内でだんだんと圧力が高まります。通常、職場への電話は、融資時の本人確認として消費者金融を名乗らずに行われますが、この段階になるとあえて消費者金融を名乗って「○○さんはいますか」と聞くこともあるようです。

そのようなことをしても返済がない場合は、いよいよ法律に基づいて「支払督促申立書」が送られます。これは「このままだと法によって処理しますよ」という警告です。それでも無視した場合は「仮執行宣言付き支払督促申立書」が送られてきます。これは「最後通告」で、速やかに返済しないと資産を差し押さえますよというものです、それも無視すれば、強制執行となります。法の決定ですので、どうすることもできません。差し押さえる資産がない場合は、給与から「天引き」され続けることになります。それで生活できなくても知ったことではないのです。

違法な取り立て


「貸金業法」で違法な取り立てとして以下の項目が挙げられています。このようなことをすることがあれば、違法業者かその消費者金融が違法行為をしていることになるので、逆に通報できます。

  • 暴力的な行為(殴るなど)
  • 大声を出したり、乱暴な言葉で威嚇する(玄関先で怒鳴るなど)
  • 大勢で押しかける
  • 理由なく夜間など不適切な時間帯に、電話をしたりする(夜間にひっきりなしに電話がかかるなど)
  • 上に関連して、しつこく電話などをする事(度を過ぎた電話はNG)
  • 張り紙などで警告する(玄関のドアに「借金返せ」ということを書いて貼ること)
  • 勤務先などに押し掛ける(電話で名乗るのは大丈夫とされています)