消費者金融のメリットとデメリットとは?


消費者金融が銀行などにないメリットがあります。一方で、メリットから逆に導き出されるデメリットもあります。簡単にいいますと、メリットは誰でも、簡単な審査で、すぐにお金が借りられるということ、デメリットは金利の高さと借入額に限度があることになります。ここでは両者について解説していきます。

消費者金融のメリット


消費者金融のメリットをここで確認します。

@誰でも借りることができる
厳密にはそうではないのですが、成人で定期的な収入があれば誰でも融資を受けることができます。正社員として職に就いて収入を得ている必要はなく、アルバイトでも定期的な収入があれば可能です。銀行の融資の場合は、その人が安定している職(大企業、公務員など)に就いているかなどを厳密に審査されますが、消費者金融の場合はそこまで厳しくなく、「収入の継続性」と「どのくらい収入があるのか」で判断されることになります。

A審査が簡便だ
融資を行うわけですから当然審査はありますが、銀行などと比べて簡便なものです。担保や保証人は原則として必要がなく、その人に信用があればお金を借りることができます。正直に自分の身分を証明できればそれほど審査を怖れる必要はないです。

B融資までが短い
消費者金融の審査は短く、早いもので申し込んだその日に融資が行われます。そうではない場合も数日でお金を借りることが可能です。これは銀行にはないもので、急なお金の需要に対応することができます。

消費者金融のデメリット


@金利が高い
融資の審査が簡単だということは逆にいうと、返せない人がいる可能性もあるわけで金利は銀行などと比べて高いものになっています。返済しなければそれだけ金利負担がどんどんと積み上がります。自分の融資は本当にどこまで必要か正確な判断が求められます。

A融資限度額がある
消費者金融には「総量規制」という年収の3分の1までしか借りられないという決まりがあります。これは法律なので絶対です。収入が少ない人はどうやっても限界があるということを理解してください。